So-net無料ブログ作成
コーヒー浣腸(エネマ) ブログトップ

コーヒー浣腸! [コーヒー浣腸(エネマ)]

コーヒー浣腸(コーヒーエネマ)って、別にプレイじゃありませんよ(嫌悪感をお持ちの方はスルーしてください)

ちょっと抵抗がある方もいらっしゃると思いますが。。

正直言って私も最初はかなり抵抗ありました。

なんで下から???と思いましたね。

一つは腸内洗浄(宿便除去)として。

それによって便秘解消。

更に胆管のつまりを無くし、胆汁分泌を正常化する(肝臓健全化)。

腸内を弱酸性にして、悪玉菌の繁殖を防ぐ

そして私が使っているモノは、オリゴ糖が添加されていて、善玉菌を増やす

どうですか?

コレを聞いたら、やらずにいられなくなって、去年の11月からはじめました。

 

”便”の話で恐縮ですが、本来黄色が正常だといいますよね。

黄色は胆汁の色なんだそうです。

肝臓が正常で、胆管が綺麗で、素直に胆汁が分泌される方は黄色いそうです(思い当たる方、おめでとうございます)

私は黄色ではありませんでした。

もともと肝臓はあまり良くありませんでしたからそれも当然なのだと思います(ガンマGTPが正常値をかなり超えている)

そんな私でしたが、コーヒーエネマをはじめてから直ぐに”黄色”くなったんです。

そして、朝起きる時の楽なこと。。。

なんかパワーがみなぎっている感じなんですよ!

私、体の作りが単純なんですかね??


でも、このコーヒーエネマDr.マックスゲルソンによるゲルソン療法のなかで、90年前から行われていた療法なんですよ。

もっとすごい事がいろいろあるんですが、ここからは本の受け売りになってしまいますので、ご興味ある方はぜひ読んでみて下さい。


”本来出るべきところから入れる”というのは不自然な気がして抵抗を感じました。

ですが、原始時代からあまり変わっていないと言われている人の体に対して、不自然な現代社会の生活を送っている以上、本来の自然的な方法だけで、健康が維持できるとは言い切れないと考えました。

サプリの話で今度書きたいと思いますが、野菜や魚介類が、昔とくらべて栄養価が著しく下がっているどころか、農薬や重金属に汚染されていて、どうような流通経路かを気にしなくては、怖くて食べられない時代です。

このような現代において「食品分析表や5大栄養素の事だけ気にして食べる」訳にもいかなくなってきました。

神経質にやるつもりはありませんが、消費者も本質をよく理解した上で、国や行政の責任だけにせず、自分で選択し自分で責任をとる人生を歩んで行きたいと思っています。

ちょっとかっこつけすぎかな☆


nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康
コーヒー浣腸(エネマ) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。